商品コード:Y-760

1950s 東京プレイジング商会製 キャンディを食べる犬

大きな口を開けてキャンディを食べようとしている犬のブリキ玩具です。製造は東京プレイジング商会で、背中のスイッチを下に傾けた状態でゼンマイを巻き、スイッチを入れると、カップを持った右手が上下に動きだします。残念ながら付属のキャンディは紛失しており、カップの底蓋が開いたままの状態です。右手は今でもスムーズに動きます。本来であればカップに付属のキャンディを入れることで口に投じ、食べたキャンディは右手のカップに落ちてきます。さらに右手が下がるとカップの中のキャンディがお皿に戻り、再度口に投じます。レトロ感たっぷりな見た目は飾っているだけでも趣があり、ディスプレイとしてもおすすめです。

・サイズ:高さ14cm×幅6.5cm×奥行き8.5cm
・材質:ブリキ
・製造:東京プレイジング商会/MADE IN JAPAN
・コンディション:中古品
・仕様:ゼンマイ式
・備考:キャンディは付属しておりません。カップの底蓋が開いたままの状態です。全体的に、経年による汚れやキズがございます。予めご了承下さい。

※写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉