商品コード:N-3227

1950s 増田屋製 エキスパート・モーターサイクル(電動)

水色のヘルメットに、ライダースジャケット、黄色のパンツを着用した男性が、颯爽とバイク(モーターサイクル)に跨る姿を模したブリキの玩具。これはブリキ玩具の老舗メーカー「増田屋」が1957年ごろに販売したものです。乾電池(単1)2本を入れ、ナンバープレート上部のレバーをONにすると、激しいエンジン音のような音が響きます。そして、ヘッドライトを煌々と光らせなが前輪を持ちあげ走行!少し進んだ先で止まると、右足を上げてバイクを降りるような動作を見せ、再び体制を戻して走り出す…という動きを繰り広げます。
50年以上前に作られたとは思えないほどの精密さに、ただただ驚くばかり。ライダーの機敏な動きに、昔の日本の職人芸を垣間見ることができる一品です。


・サイズ:全長29cm×幅13cm×高さ22cm
・材質:ブリキ
・製造:増田屋製/MADE IN JAPAN
・コンディション:中古品
・仕様:電動式(単1乾電池×2) ※電池は付いていません。
・備考:経年のサビやキズがあります。予めご了承ください。

※中古品につき、写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉