商品コード:Y-3258

サントリー製 「トリスウヰスキー」 ホーロー看板 当時物 44cm×87.5cm

「うまい、やすい」の言葉に心が引かれる、サントリー製の「トリスウヰスキー」のホーロー看板です。1929年(昭和4年)に、国内初の本格ウイスキーを販売したサントリー株式会社(当時の社名は株式会社寿屋)。看板に書かれている「トリスウヰスキー」は、終戦から8ヵ月後の1946年(昭和21年)4月に販売され、国内の洋酒文化の浸透を支えてきました。
敗戦後の日本は、国民のほとんどが失意のどん底にいる状態でした。そんな国民に対して、鳥居氏は「安くてうまいものを提供する」ことを心に決め、戦後に残った山崎のモルト原酒で、少しでも多くの人々の心を癒やそうと考えました。そうして生まれたのが「トリスウヰスキー」だったのです。
この看板にはきっと、国民の沈んだ心を明るく照らす役割があったのでしょう。「うまい、やすい」のキャッチコピーには、人々に生きる希望を与えたいという、鳥居氏の熱い想いが込められていたに違いありません。看板のキズやサビも、戦後を強く生きぬいた勲章と感じられる味わい深い一品です。


・サイズ:縦44cm×横87.5cm
・材質:ホーロー
・製造:サントリー/MADE IN JAPAN
・コンディション:中古品
・備考:看板設置用のネジやビス類は付属していません。予めご了承ください。


※中古品につき、写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉