商品コード:AO-000501

1960s-70s 堀川玩具工業製 ブリキの消防車 外箱付き

ユニークな電動ロボットの製造で知られる堀川玩具工業が、1960年代から70年代にかけて製造したブリキの消防車です。底面部に電池を入れてスイッチをONにすると、前方のランプを光らせながら発車。「リンリン」という大きな鐘の音を鳴らしながら、右へ左へと予測できない動きをします。しばらく経つと停車し、ハシゴがゆっくりと起立。その高さはおよそ45cmにまでおよび、迫力満点です。消防士はもちろん、ホースやモーターなど細部に渡り丁寧に描きこまれており、職人のこだわりが随所に感じられます。車体後部には、今ではなかなか見られない堀川玩具工業のロゴがしっかりと記載。臨場感のある消火シーンが描かれた貴重なオリジナルの外箱も付属しています。経年による汚れやキズが所々に見られますが、とても40年以上前のものとは思えない美品。心ときめく“消防車玩具”の魅力を、この機会にぜひ堪能してみては。

・サイズ:全長34cm×幅11cm×高さ45cm(ハシゴが起立した場合)
・材質:ブリキ、プラスチック(はしご)
・製造:堀川玩具工業/MADE IN JAPAN
・コンディション:中古品
・付属品:外箱
・仕様:電動式(単1乾電池×2)※電池は付いておりません。
・備考:全体的に細かなキズや汚れ等がございます。外箱に経年によるシミや破れ、凹み等がございます。予めご了承下さい。

※中古品につき、写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉