商品コード:Y-2959

1955 東京プレイシング商会製 ピエロの一輪車 外箱付き

トープレから発売された一輪車にまたがった、戯けた笑顔を浮かべるピエロ。これも“神の手を持つ”と言われていたブリキのおもちゃ職人、串田恭男氏の作。中でも本作品は、氏のトープレでの初作品であり、アメリカで1ドル(当時360円)、日本では70円で取引されたと言われています。複雑な動きをするのが特徴で、ゼンマイを巻くとしばらく前進し、止まるとその場でパフォーマンスをしながら回転。向きを変えると再び前進します。車輪をこいでいるように足を動かすなど、細部にもこだわりが見られます。天才職人がつくった作品の面白さを実際に動かして体感してみて下さい。ブリキの塗装は経年により多少のキズがあるものの、ツヤがあり、動作も良好。左足にはトープレのロゴが入っています。箱付きは貴重です。

・サイズ:高さ13.5cm×幅7.5cm×奥行き7cm
・材質:ブリキ(体)、フェルト(ジャケット)、布(ズボン)
・製造:東京プレイシング商会/MADE IN JAPAN
・コンディション:中古品
・付属品:外箱
・仕様:ゼンマイ式
・備考:全体に汚れやキズがございます。また、外箱の一部に穴や変形がございます。予めご了承下さい。

※中古品につき、写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉