商品コード:AC-57

1950s-1960s 日本製(米ROSKO販売) 電動式フォークリフト 外箱付き

アメリカのROSKO社が販売していた電動式のフォークリフトです。車体の底に刻まれた“MADE IN JAPAN”の文字から、日本のメーカーに製造を委託したことが分かります。その精巧なつくりと発色の良さ、また人形部分もブリキであることから、おそらく1950年代から1960年代に作られた玩具だと思われます。トランク部分が電池ボックスになっており、電池を入れて座席の右側にあるスイッチをONにすると作動。まずは、2本のフォーク(ツメ)の上に付属のカートンボックスをセットします。「ジー、ジー」と大きな音を立てて前進してはすぐ後進、向きを変えて再び前後進。車体のせわしない動きとともに、2本のマストの中央にある黄色い紐が徐々に巻かれ、カートンボックスがじわじわ上に引き上がります。どこに進むか分からないミステリー走行、そしてフォークを持ち上げるリフト装置。特徴的な2つのギミックを搭載した、国産ビンテージ玩具です。

・サイズ:全長25cm×幅9cm×高さ21cm
・材質:ブリキ(車、人形)、ゴム(タイヤ)、金属(マスト、フォーク)
・製造:MADE IN JAPAN(※販売はアメリカのROSKO社)
・コンディション:中古品
・付属品:外箱(リプロ)、紙製カートンボックス
・仕様:電動式(単1乾電池×2) ※電池は付いておりません
・備考:フォークの上には付属のカートンボックス以外の物を載せないで下さい。1度上がったフォークは自動では下がりません。全体的にキズやサビがございます。また外箱の1部に剥がれがございます。予めご了承ください。

※中古品につき、写真では見えない色や汚れ、キズ、サビ、剥がれ等がある場合がございます。返品・交換・返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

〈おすすめ商品〉