TOY GARAGE PROJECT

\10,000円以上で送料無料/

HOME > ブリキの達人05

ブリキの達人

ブリキの達人

  • 旧・米屋玩具(現・ミリリオン)代表取締役 米沢 憲一さん
  • セルロイド玩具職人 平井 英一さん
  • 職人魂の継承者イワヤ株式会社COO 待井 幹雄さん
  • 平成のブリキ玩具作家 TIN太郎さん
  • 伝説のブリキ職人 串田 恭男さん
  • ブリキおもちゃ職人 マルサン 六代目代表 神永 英司さん
  • ブリキおもちゃ職人 マルサン・キャデラック開発チーム 嵯峨喜十郎さん 祷 三郎さん
  • ブリキおもちゃ職人 元設計技師 鵜沢 吉樹さん
  • ブリキおもちゃ職人 ROBOT  ART主宰 宮澤 眞治さん

File No.005 ブリキおもちゃ職人 元設計技師

嵯峨喜十郎さん
>> プロフィール

「マルサン・キャデラック」の開発チームの一員として設計・施策を担当。コスゲ社長・小菅松蔵氏とは親戚関係にあたる。
コスゲの中心メンバーとして、数多くのブリキ玩具を世の中に送り出す。

祷 三郎さん
>> プロフィール

高校卒業後、コスゲ(当時:東京創作工芸社)に入社。小菅松蔵氏よりブリキ玩具制作を学ぶ。
モーター開発工場の責任者として「マルサン・キャデラック」の製造に携わる。

>>Profile
 

Kosuge (that time: Tokyo creation technical company) is joined after the graduation from a high school. Tin toy work is studied from Mr. Matsuzo Kosuga. It is engaged in manufacture of "Marusan Cadillac" as a person in charge of a motor development factory.

マルサン・キャデラックは我々の誇り。

今なお玩具愛好家の間で“日本一のブリキ”と呼ばれる「マルサン・コスゲ・キャデラック」。伝説のブリキ職人・小菅松蔵氏とともに開発に携わった嵯峨氏、祷氏の両氏が、この歴史的銘品に込められた開発秘話を、発売から半世紀以上の時を超え語り出す…。

Among toy enthusiasts, it still is “Marusan Kosuge Cadillac” that is the very best Japanese tin toy of all time. Mr. Saga and Inori, who developed it with the legendary tin toy craftsman, Mr. Matsuzo Kosuge, talk here about hidden stories behind its development breaking the silence more than half a century since its release.

movie

  • 全編再生
  • チャプター 02 小菅松蔵氏について
  • チャプター 03   なぜコスゲのキャデラックは世界一なのか?
  • チャプター 04 コスゲのモノづくりの精神とは
  • チャプター 05 現代の子供たちのおもちゃについて

movie

photo


  • 小菅松蔵氏に師事し、社員一丸となってブリキ玩具の開発に情熱を注ぎ込んだあの時代…。嵯峨氏も祷氏も「最高に幸せだった」と振り返る。


  • “自動車のコスゲ”を象徴した「マルサン・コスゲ・キャデラック」。造形美もさることながら、ギアなどの独創的な機構が世界のマニアを驚嘆させた。


  • 小菅松蔵氏について祷氏は「社員を職人ではなく“研究員”と呼んだ。昔の職人像からかけ離れた方で、常に新しいものを追い求めていた」と述懐する。

photo


  • Both, Mr. Saga and Inori, recall “it was the happiest time in life” when Mr. Matsuzo Kosuge was their boss and all the colleagues did the best to develop tin toys as one.


  • “Marusan Kosuge Cadillac”was the signature model of “Car’s Kosuge”. Toy enthusiasts all over the world were stunned by its original mechanicals, such as gears, together with beauty of its figure.


  • Mr. Inori remember Mr. Matsuzo Kosuge called workers at his company not craftsmen but lab workers and always sought after newer things in the different standpoints from craftsman at that time.

pagetop